DeCurret(ディーカレット)と申しますのは?

DeCurret(ディーカレット)というのは2018年1月に設立された暗号資産(仮想通貨)取引所になります。

そして今年2019年3月には、これまでなかった暗号資産(仮想通貨)交換業として金融庁に認可されたことで厚い支持を得ています。

さらに三菱UFJ銀行やJR東日本などをはじめ日本の大企業19社から出社を受けていることからも注目を集めています。

ここまで期待を集められた一因として考えられるのは、DeCurret(ディーカレット)がありとあらゆるデジタル通貨の価値交換を行なう「金融プラットフォーム」をターゲットにしているからです。

また筆頭株主であるIIJと申しますのは、インターネットに極めて強い会社となっており、セキュリティーを高めることを心がけたセキュリティー体制作りに注力しているのもポイントになります。

2019年8月からは、暗号資産(仮想通貨)による電子マネーへのチャージが可能になったのです!「au wallet」「楽天 Edy」「nanaco」が現在対象ブランドです。

こういった理由からこちらのDeCurret(ディーカレット)は期待を集めているようです。

会社概要 会社概要
企業名 株式会社ディーカレット
所在地 東京都千代田区富士見2-10-1
設立 2018年1月
資本金 52.3億円
取扱通貨 BTC/BCH/LTC/XRP/ETH

DeCurret(ディーカレット)のメリット

基本手数料がほとんど無料

DeCurret(ディーカレット)においては、取引手数料・入金手数料・暗号資産(仮想通貨)受取手数料などといった基礎的な手数料が、あれこれと無料なのです。

通常入金 無料(振込手数料自己負担)
出金 270円
暗号資産(仮想通貨)送付手数料 各通貨によって異なる
暗号資産(仮想通貨)受取手数料 無料
口座維持手数料 無料
口座維持手数料 無料
アカウント登録費用 無料

手数料を要する項目もありますが、いくつもの手数料が無料になっているためかなりリーズナブルです。

キャンペーンで5500円も手に入れられる!

DeCurret(ディーカレット)では口座を開設するだけでなんとまあ2000円相当のBTCが必ずゲットできるんです。

さらに全部の通貨ペアを取引するだけで3500円分のBTCも貰えます。投資ビギナーの人でも、一番初めはキャンペーンでもらったBTCでリスクなく投資をスタートすることができます。

5500円分のBTCを受け取って、リスクなく投資をスタートしましょう。

資本金が国内No.1 で信頼性抜群

DeCurret(ディーカレット)というのは、国内取引所No.1を誇っている資本金を持ち合わせています。当該の額は50億円以上となっており、BitFlyerと比べて10億円たくさんあります。

取引所 資本金
DeCurret(ディーカレット) 52.3億円
bitFlyer 41億円
GMOコイン 17.5億円
DMM Bitcoin 12.9億円

これほどの資本金があれば、もしハッキングなどの事件が勃発しても、資産が担保される傾向が高く安心できると思います。

株主が超有名企業ばかり

導入部でも伝えたようにDeCurret(ディーカレット)に出資している企業名に注目すると、「三菱UFJ銀行」「東日本旅客鉄道(JR東日本)」「電通」「大和証券グループ」などどういった人でも聞いたことあるところだけだと言えます。

出資するということはボランティアじゃありません。出資と申しますのは、リターンを見越した投資であるため、将来に期待しているということになるわけです。

そういった企業全19社から出資を受けているDeCurret(ディーカレット)は将来性が秀逸といって違いはありません。

将来性が抜群のDeCurret(ディーカレット)に登録しましょう。

暗号資産(仮想通貨)で電子マネーのチャージができる

Decurret(ディーカレット)では、ストックする暗号資産(仮想通貨)を電子マネーにチャージして頂けます。今日の対象ブランドは、「au wallet」「楽天 Edy」「nanaco」の3つです。こちらの電子マネーへのチャージは、アプリから極めてカンタンに行うことが出来ます。

DeCurret(ディーカレット)のデメリット

販売所なのでスプレッドが見られる

暗号資産(仮想通貨)のスプレッドというのは、暗号資産(仮想通貨)を取引所で購入・売却する際に生じる買値と売値の差ということを指します。

暗号資産(仮想通貨)を取引するケースでは、スプレッドが存在しているので、同一のタイミングで暗号資産(仮想通貨)を購入して直ちに売却するとマイナスを出すようになってしまいます。しかし、その他の販売所とは違って相当安くなっているので、販売所の中ではいち押しです。

取扱通貨が少ない

DeCurret(ディーカレット)で取り扱っている通貨に関しては、BTC・BCH・XRP・LTC・ETHの5種類です。

少し種類が少ない方ですが、その割合に応じてこれらの取扱い通貨全てで4倍のレバレッジをかけたFX取引をすることが出来ます。

将来的に、取扱い通貨も増加する見込みですし、レバレッジ取引もできるため、そんなにも大きなデメリットでは無いでしょう。