bitFlyerは国内においては最大手の仮想通貨取引所でありまして、国内のメインメガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けています。仮想通貨交換業のライセンスを手にした上でアメリカやヨーロッパでもサービスを拡大しています。

bitFlyerはここまで一回もハッキング被害に遭っておらず、あり得ないことかもしれませんがユーザーがハッキング被害に遭ったケースでは最大500万円の補償を受けることができることも固有のものです。また、bitFlyerがアライアンスを組むショッピングサイトを使用することでビットコインをもらうことができたり、Tポイントをビットコインと取り換えられるなど、仮想通貨投資に初心者の方でもお手間を取らせず仮想通貨に触れることができるサービスを取り揃えています。

ここでは、こうしたサービスを供するbitFlyerの特徴やメリット・デメリットについて詳細を解説します。

bitFlyerのメリット

仮想通貨の取り扱い種類が多くある

日本の交換業者というのは、金融庁がマネジメントしているホワイトリストに記録されている仮想通貨だけを取り扱うことができます。bitFlyerは11種類の仮想通貨をラインナップしており、他の国内取引所と対比してみても取扱通貨が多種多様になっています。これを受け、ビットコインはもちろんアルトコインの購入も考えている人においてはおすすめの取引所なのです。

メインのメガバンクが出資する取引所ですので安心

bitFlyerは2017年2月に3メガバンク(三井住友銀行グループ、みずほフィナンシャルグループ、第一生命保険)への第三者割当増資実行しました。そういったバックグラウンドもあり、bitFlyerは顧客保護・セキュリティ・財務安定性などといった体制整備に注力しています。

不適切な日本円出金に関係する最大500万円の補償がある

bitFlyerにおいては、二段階認証を登録しているユーザーが第三者にメールアドレスやパスワード等々を盗まれ、不正に日本円を出金される被害を受けたケースでは、最大500万円の補償が受けられます。また、三井住友海上火災保険株式会社と協同で、ビットコイン事業者向けにサイバーリスクを多面的にカバーするサイバー保険を開発、契約しており、万一の際にも資産が守られるようになっています。

bitFlyer経由のネットショッピングなどでビットコインを手に入れられる

bitFlyer経由でネットショピングや旅行予約、ふるさと納税をすることで、商品・サービス毎に取引金額のある程度の割合のビットコインが付与されるサービスが提供されています。それだけでなく、日本初のTSUTAYA「Tポイント」とビットコインを交換できるサービスやふるさと納税でビットコインをもらえるキャンペーンであったり、今日までビットコインを保有したことがない人でも仮想通貨投資をスタートしやすいサービスが持ち味だと言えます。

取引手数料無料キャンペーンが不定期に開催される

プロに向けた取引所bitFlyer Lightningにおいては取引手数料「無料」キャンペーンが不定期に行なわれます。一例として、2019年12月では、イーサリアム(ETH/JPY)の取引手数料が無料になっています。通常、イーサリアムをbitFlyer Lightningでトレードするタイミングの取引手数料に関しては「約定数量×0.2%」になります。リーズナブルな手数料無料キャンペーン期間中に取引をスタートしてみるのもいいでしょう。

アプリで「販売所」「取引所」「bitFlyer Lightning」が利用可能

bitFlyerはスマホアプリ「bitFlyer ウォレット」の提供も行っており、販売所ばかりか取引所、bitFlyer Lightningも使用できます。「bitFlyer ウォレット」は、初めての経験として使用した仮想通貨アプリ、現在利用しているアプリでNo.1にセレクトされています。アプリでは「ビットコインをもらう」機能も利用可能なため、スマホ1台でバラエティーに富んだ仮想通貨サービスを受けられるといったおすすめポイントがあります。

bitFlyerのデメリット

イーサリアム、ビットコインキャッシュ以外のアルトコインは販売所のみ

bitFlyerには「販売所」と「取引所」が存在します。取引所である「bitFlyer Lightning」で取り引きできるアルトコインはETH/BTC、ETH/JPY、BCH/BTCの通貨ペアに制限され、これ以外のアルトコインは販売所においてのみ取扱っています。販売所の売買手数料は0円ですが、表示価格にスプレッド手数料が上乗せされるので気をつける必要があります。スプレッド手数料は市場の大きな変化や流動性に応じて移り変わる傾向があって、実質0.1%~6.0%の手数料が含有されています。

三井住友銀行以外の銀行振込手数料が550円と高い

bitFlyerは日本円の出金手数料を、三井住友銀行のケースでは、3万円未満の出金は220円、3万円以上の出金は440円に決めていますが、三井住友以外の銀行のケースでは、3万円未満の出金は550円、3万円以上の出金は770円となっています。これを受け、三井住友銀行を持っていなくて、盛んに振り込みをして仮想通貨投資をしたいという方は気を付ける必要があります。

In order to make sure the writer can do all this, you have to look at the background of the author as well affordable-papers.net as the credentials he has.