bitbank(ビットバンク)と申しますのは?

bitbank(ビットバンク)は、2014年5月7日に設立されたそれなりに以前からある暗号資産(仮想通貨)取引所になります。

その他大勢の取引所とはかけ離れていて、bitbank(ビットバンク)は販売所形式では無く、取引所形式の為暗号資産(仮想通貨)取引に掛かるトータルコストが極めてわずかなのが特徴です。

bitbank(ビットバンク)の会社概要

運営会社 ビットバンク株式会社
所在地 〒141-0031
品川区西五反田7丁目20−9
ホームページ https://bitbank.cc/
資本金 11億3100万円
代表取締役CEO 廣末紀之
取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH)

bitbank(ビットバンク)の評判からわかるメリット

 bitbankのメリット

  • セキュリティーが高い
  • 手数料がリーズナブル
  • アルトコイン売買に力を発揮する
  • アプリが極めて見やすい
  • 貸し暗号資産(仮想通貨)サービスが見られる
  • セキュリティーが高い

暗号資産(仮想通貨)取引所というのは、インターネットに結び付いているため、ハッキングの被害を受けやすいです。

これを受けbitbankではハッキング対策として、マルチシグ(複数署名)やコールドウォレットが取り入れられています。

コールドウォレットと申しますのは、外部のネットワークから分離されていてハッキングのリスクを可能な限り抑制したウォレットです。

こちらのウォレットで顧客の資産をコントロールしています。これに伴い、セキュリティーは随分高いと言えると思います。

これだけではなくセキュリティーとして、二段階認証とSMS認証が見受けられます。

CoinCheckで発生したNEM流出事件というのは、有名だと思います。

CoinCheckにおいては、マルチシグやコールドウォレットをビットコインにしか対応させておらなかったため事件が発生したと言われています。

こうしたハッキングの被害にあわないために、bitbankではきちんとしたハッキング対策が行われています。

手数料がリーズナブル

bitbankのメイカー手数料はマイナスなので、取引すればするほどお得です。メイカーと申しますのは、暗号資産(仮想通貨)取引所で行なわれる板取引で新たな価格の注文を出す注文ということを意味します。

bitbankにおいては、取引するタイミングでメイカーとしてあなた自身で新たな価格の注文を出すと手数料を受領できます。かえって、テイカーと申しますのは暗号資産(仮想通貨)の板取引で既存の注文にフィットするように注文する方法になります。

ひとつの例として、成行注文などは既存の最高値や最安値の注文とフィットするのでテイカーということであります。bitbankにおいては、取引するタイミングでテイカーとして注文すると手数料が要されるシステムとなっています。

bitbankの手数料一覧

入金手数料 振込入金:無料
即時入金:無料
取引手数料 メイカー:-0.05%
テイカー:0.15%
出金手数料 3万円未満:540円
3万円以上:756円
送金手数料 通貨によって異なる
BTC:0.001BTCなど