「暗号資産」と申しますのは、ブロックチェーン(※)というシステムでマネージメントされる電子データ資産になります。

インターネット上での送金や決済に活用することができ、いろんな国の取引所で円、ドルなど法定通貨と交換、あるいは暗号資産同士の売買がなされています。

少し前までは「仮想通貨」のネーミングが通例でしたが、「通貨」というのが法定通貨との混同がもたらされるリスクがあるため、2020年5月より「暗号資産」というネーミングが使われています。

ここ数年はメインとして投資商品としてスポットライトを浴びている暗号資産ではありますけれど、将来ユーザビリティの高い決済手段として浸透する可能性があり、当該の特徴としては大まかに分けてここから下3つあります。

個人間で直接送金することができる

一般的にいって日本円や外貨を送金するケースでは、銀行などの金融機関を通じて送金することが必要です。
しかし、暗号資産取引に関しましては個人間での送金が可能です。 ダイレクトに会ってお金を支払うのと一緒なように、暗号資産を利用すればダイレクトに相手に送金することができます。

手数料が無料、あるいは安い

銀行送金やクレジットカード支払いでは特定の手数料が在って、わずかな額の送金や売買においては不得意と言えます。
しかし、暗号資産取引におきましては仲介するグループが存在せず、個人間でのやりとりができるため、ほとんどのケースでは無料またはお手頃価格で送金や取引が可能です。

世界共通で利用できる通貨単位である

通常、日本円を海外で使うには両替(例えば円から米ドル)を欠かすことが出来ませんが、暗号資産は国際的な単位です。
現在、暗号資産での決済が可能なお店がグローバルレベルで増加傾向にあります。

ビットコインと申しますのは?

サトシ・ナカモト氏が公表した非中央集権型の電子決済システムです。ビットコインはサトシ・ナカモト氏が2008年に発表した論文を基にシステム開発・運用が行なわれている電子決済システムです。

これ以上ない特徴としては、法定通貨のように中央銀行のような機関が在って当該の価値を保証しているのではなく(非中央集権型で)、ビットコインの発行から取引まであれもこれも個人間同士のやりとり(Peer to Peer)がなされていることです。

こちらの中央機関が見当たらないことについては上記で述べた暗号資産の特徴にも紹介したように、その他の暗号資産にも共通したキーポイントとなるコンセプトになっています。

その取引の整合性の担保に関しては、分散されたコンピュータのネットワーク上に取引についての詳細が保存され、ネットワークへの参加者全員でシェア・マネジメント、その整合性をとる「分散型台帳技術/ブロックチェーン」を活用して行っています。

上記で述べたような中央管理が発生しないシステムで動作するビットコイン利用のメリットとして、個人間でスピーディーかつリーズナブルに手数料で送金が行えることがあげられます。

銀行から海外送金を行うと何日かかかる、それに大きな手数料を回収されることも割とありますが、ビットコインを利用した個人間の送金では数分〜数十分で終わり、銀行経由の海外送金と比較して非常に低い手数料で送金を行うことができます。

先ず最初に、暗号資産と仮想通貨は同様の意味です。

当初、仮想通貨という言葉が普通でしたが、このところ世界規模で暗号資産と呼称されるようになり、日本でも法律(改正資金決済法 2020年5月1日施行)で「暗号資産」が正式名称となったのです。

では、暗号資産(仮想通貨)とはなんでしょうか?シンプルに言うと、「インターネット上でやりとりできるお金」ということを意味します。

詳細な定義については、

  • 不特定の者に対し、代金の支払い等に使用でき、加えて、法定通貨(日本円や米国ドル等)と双方ともに交換できる
  • 電子的に記録されて、移転可能である
  • 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)とは異なる

とされています。

私たちがいつもショッピングをする時に使う現金(円 ・ドル・ユーロ)である「法定通貨」に対し、暗号資産というのはインターネット上で見受けられるお金「デジタル通貨」の一つとされています。

2009年に実用化された「ビットコイン」が暗号資産の中で注目を集めていますが、なんとまあ世界には約5,000種類以上の暗号資産が見られるんです。
このような暗号資産は法定通貨に代わる決済手段、株やFX(外国為替取引)という様な投資商品としてグローバルレベルで物凄い勢いで普及しています。

では、どうやってマネジメントしているのでしょうか。これには「ブロックチェーン」というテクノロジーが採用されています。

技術的な説明をすると困難になってしまうので、ここではシンプルなイメージで解説していきたいと思います。あくまでも、イメージとしてつかんでください。

ブロックチェーンのイメージ

ブロックチェーンと申しますのは、「ブロック = 塊(かたまり)」と「チェーン = 鎖(くさり)」という2つの要素からできています。

では、バケツリレーを例にイメージしてみましょう。ブロックはバケツ、チェーンはリレーと想定してください。基礎的なルールは2つだけです。

ショッピングした時のレシート(取引データ)をバケツに入れる。一定期間が過ぎたらレシートを次のバケツに移す。ショッピングしたらレシートを入れる、所定の時間が過ぎたら次のバケツにすべてのレシートを移すといった作業をリピートします。

参加者全員が管理人であり、バケツの中身(レシート)をシェアしているので、ズルは不可能ですし、もしも、管理者のどなたかがレシートを失くしてもみんな中身を知っているので問題ないという仕組みです。そのため、取引データの改変(勝手に書き換えること)や紛失を阻止することができることになるのです。

ブロックチェーンは、非常に安全なテクノロジーなんです。