ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、ブロックチェーンのテクノロジーを活用して、ニュージェネレーションの通貨としても期待されていることがある仮想通貨。仮想通貨を投資対象として買い入れる人も、これまでより拡大して来ています。

ですが、さあビギナーが仮想通貨を購入したいと思っても、どのようにして購入すれば良いのかわからないですよね。購入までの流れはそんなに困難ではありませんが、仮想通貨の取引には注意事項もあるため、開始するにあたりよくわかっておくことが必要です。

そこで今回に関しては、これから仮想通貨を始めようとお考えの人のために、実際的な購入の仕方についてご案内させていただきます。仮想通貨の取引所によってわずかばかりの違いがあるものの、一般的にいって取引までのステップはシンプルですので、ぜひとも取引を始めるケースで参考にしてみてください。

仮想通貨を購入したいなら方法は2つあります

コインチェックの取り扱い通貨

仮想通貨を購入できる場所に関しては、大きく「取引所」と「販売所」の2つ見受けられます。

取引所に関しては、利用者同士の取引の場を供するところです。利用者間で希望する価格が合えば取引が完了するため、成立するまで時間がかかることがあるその一方、希望する価格で取引できるという性質があります。

販売所は、利用者と業者でトレードする場所です。利用者は、業者が保持する仮想通貨をトレードすることになるため、すぐさま取引を成立させることができますが、手数料が取引所より要されるケースがあります。

ビギナーに於いては、まず操作のミスがあまりなく、購入しやすい販売所をおすすめしたいと思います。業者によっては取引所も販売所も、いずれのサービスも提供しているところもあります。

仮想通貨の取引に慣れてくれば、自分自身の購入したい価格で注文を発注できる、指値注文を取引所で利用してみるのも賢明でしょう。

仮想通貨を購入するための4つのステップ

仮想通貨を購入するための、大まかな流れは次にあげる通りです。

ステップ1. 利用したい仮想通貨の取引所を選択する

口座開設

取引所を利用するためには、まず口座開設するところから行います。仮想通貨の取引所によって、特徴はバラバラです。

手数料やスプレッドなどの価格、セキュリティ対策、ユーザビリティー、取り扱い仮想通貨の銘柄など、あなた自身に合った取引所に決定するようにしましょう。

ステップ2. 仮想通貨の取引所で口座開設を行なう

口座開設においては、個人情報の登録と本人確認書類の提出を欠かすことが出来ません。多岐に亘る取引所で、口座開設までは数日以上必要です。

これを受け、仮想通貨の取引をする予定があるケースだと、先だって取引所に口座を作っておくようにしましょう。

ステップ3. 仮想通貨の購入資金の入金をする

口座開設をしたら、買い入れるための日本円を入金します。

銀行口座から取引所の銀行口座へ、銀行振込をして入金するなどの方法があります。日本円残高の反映には時間が取られることもありますので、売買したいタイミングより前に入金しておく必要があります。

ステップ4. 仮想通貨を購入する

資金を入金したら、いざ仮想通貨を買います。

最低取引単位は通貨によってバラバラですが、初心者は少ない額からスタートすると賢明でしょう。余談ですが、有名なCoincheckの販売所では、取り扱いの全仮想通貨を、500円から購入することができます。

安全な仮想通貨の取引所の選定のポイント4つ

取引所は国内外問うことなくたくさんありますが、取引所を選択するときにはどんな風な点に注意すれば良いのでしょうか。

安全な仮想通貨取引所を選ぶポイントとしては、ひとつの例として次にあげる4つのポイントが存在しています。

ポイント1. セキュリティ体制が整っている

1つ目が「セキュリティ体制が整備されているところ」です。仮想通貨をトレードする時は、ハッキングリスクなどを想定し、セキュリティ対策の確固たる取引所をセレクトしてください。

とりわけコールドウォレットでの保管、2段階認証設定ができるかどうであるのかなどは、開始するにあたりチェックしておく必要があります。

ポイント2. 管理体制がきちんとしている

2つ目が「管理体制がちゃんとしているところ」です。業者の資本金規模や分別管理態勢だったり、信頼性の高い取引所を使うのが安心といえます。

ポイント3. バラエティーに富んだ仮想通貨に分散投資できる

3つ目が「バラエティーに富んだ仮想通貨に分散投資できるところ」です。

取り扱い通貨の種類は取引所によってバラバラです。万一のリスク分散として、一層多くのバリエーションがある取引所の方が良いでしょう。

ポイント4. サービスやアプリのユーザビリティが良い

4つ目が「サービスやアプリが使いやすいところ」です。

ビギナーにとって、ユーザビリティーの高さは重要な要素の一つです。使いづらい取引所を利用してしまうと、正しくない注文を出してしまい、大きなマイナスが出てしまう可能性があります。

一方で、ユーザビリティーが高いと、注文ミスを減少できるだけでなく、スムーズな取引を実現できますので、見やすさや使い勝手が良い取引所を選択するようにしましょう。