仮想通貨を買いたい。でも、種類がありすぎて、どちらの銘柄を購入すれば良いのか分からないという声はかなりあります。こちらの記事では、グローバルに流通されている仮想通貨の種類や国内で購入することができる13種類の銘柄を紹介します。

仮想通貨の種類は3,000種類を超える

2020年5月時点において、グローバルレベルで流通されている仮想通貨の種類は3,000以上あります。

日本で購入することができる13種類の仮想通貨のリスト

上記で述べた3,000種類以上の種類の仮想通貨の中において、2020年5月15日現在において、国内で購入することができるのは、次にあげる13種類です。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(Bitcoin)というのは、2008年にサトシ・ナカモトという人物によってリリースされた「ビットコイン: P2P 電子通貨システム」が発端となって開発され、次年度の2009年から作動しているシステムです。ビットコイン(Bitcoin)の第一の特徴は、P2P技術に基づいた分散型のシステムによって、公の発行主体や管理者が見られない非中央集権型の電子決済システムを実現させたポイントにあります。

イーサリアム(ETH)

2015年7月にスタートしたイーサリアム(ETH)というのは、ビットコイン(BTC)に次ぐ良く知られている仮想通貨であると言われていて、時価総額もビットコイン(BTC)に次ぐ第二位となっています。ビットコインの技術を応用し、Vitalik Buterin氏によって作られたイーサリアムではありますが、ビットコイン(BTC)が決済に利用される仮想通貨であるのに対して、イーサリアム(ETH)は分散型アプリケーション(Dapps)のプラットフォーム内で使われる通貨として作られた歴史があります。

イーサリアムのオンリーワンの特徴の一つとして、スマートコントラクト機能を挙げることができます。スマートコントラクト機能とは、カンタンに説明すれば、契約の自動執行のことであり、条件を満たした場合に自動的に契約を実行するためのシステムのことを指し示します。契約情報はブロックチェーン上の書き記されるため、改変されるリスクが少なく、契約の履行に第三者を介する必要がないため、コスト面でも競争力があると考えられています。

リップル(XRP)

リップル(Ripple)は、決済システムだけに特化したプラットフォームです。これを受け、正確に言えば、リップルネットワーク内で使用されるXRPが仮想通貨としての役割を担うことになっています。リップル(Ripple)は、中央集権的な管理主体が見当たらないビットコインとは異なり、リップル社という企業体によって管理されています。リップル(Ripple)は、分散型台帳技術を活用しているのですが、そのシステムはビットコイン(Bitcoin)に象徴されるパブリック型のブロックチェーンとは大きく相違しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)というのは、2017年8月にビットコインのハードフォークによってスタートした仮想通貨であり、ベーシックなスペックはビットコインのそれと似通っています。ブロックチェーンのブロックサイズを大きくしたことによって、ビットコインが持っていたスケーラビリティ問題の解消を図ろうとしているということがビットコインキャッシュの最大の特徴です。

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC)は、2011年にビットコインをベースに開発がスタートした仮想通貨(暗号資産)です。ビットコインの発行上限が2,100万枚なのに対し、ライトコインの発行上限は8,400万枚と4倍に設定されている。

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシック(ETC)というのは、2016年にイーサリアムの分裂によりスタートした仮想通貨(暗号資産)。ハードフォーク(hard fork)であるため、イーサリアムクラシックはイーサリアムとのシステム的な互換性が保持されていないのです。

モナコイン(MONA)

モナコイン(Monacoin)は、インターネット上で利用できる日本発の仮想通貨(暗号通貨)。インターネット上の掲示板、2ちゃんねるで使われるアスキーアート「モナー」をモチーフとして2013年12月から開発がスタートして、2014年1月に公開されました。

ネム(NEM)

ネム(NEM)とは、これまでなかった経済運動(New Economy Movement)の略語で、2015年に開発がスタートした仮想通貨(暗号資産)です。ネム(NEM)の通貨であるXEMの発行上限は89億9999万9999枚にセッティングされており、新規発行が行われる予定はありません。

ファクトム(FCT)

ファクトム(Factom)は、2015年に米国に本拠地を置くFactom社が実用化した仮想通貨システムのプラットフォーム。ありとあらゆる電子データ(ドキュメント)を記録・保管するための分散管理型プラットフォームを目論んでいます。

リスク(LSK)

リスク(LSK)は、2016年に分散型ネットワークで編成されるブロックチェーンのプラットフォームをターゲットにして稼働がスタートした仮想通貨(暗号資産)です。