仮想通貨のタイプと申しますのは?

一番初めに仮想通貨の種類は何種類存在するか見聞きしたことがありますでしょうか?海外取引所や草コインをトータルすると数千種類と考えられており、今でも連日のように通貨の種類が増加し続けています。

もちろんそれだけあるということは何の意味もない仮想通貨もたくさんあって、詐欺やスキャムとして利用されたりしているのが多いことも現在の状態なのです。しかし元を正せば仮想通貨が出てきた現実的な理由は利便性向上を目的としたものや、人との資金のやりとりを自由にスピーディーに行いたいという思いから作られたのも本当のところなのです。これを受け価値があるものや現在でもこれから先の役割として大きく期待されるものも多くあります。

ではどんな風なタイプが仮想通貨の中で存在しているのかチェックしてみましょう。

仮想通貨を比較

大きくこの5つにカテゴリー化されるでしょう。それではこのひとつひとつがどんな風な役割を担っているのか、機能を持っているのかを解き明かしたいと思います。

決済通貨型

これは物の決済を行うときに利用する仮想通貨で、仮想通貨の1番先の通貨であるビットコインはこの代表格となっています。

個人間の送金や決済のユーザビリティを中央集権的なシステムで行なうことはせず、非中央集権的なシステム構築をしてより思うままに行えるようなシステムを開発したところから始まりました。生みの親やサトシ・ナカモトという我々日本人のような名前ですが、現実的には日本人かも誰だかも分かっていません。

決済型というのは、法定通貨である日本円やベイドル、ユーロ、イギリスポンドといった様な国の通貨の代替として利用するイメージだと分かりやすいでしょう。通貨という名前だけに通貨の機能を一番予見しやすいのが決済型の仮想通貨になります。

決済型の仮想通貨というのは、ビットコインキャッシュや、ライトコインもビットコインの浮上した課題に対しての解決案をあわせもった通貨として発行され売り買いされていますが、現在はビットコインの流動性がものすごい状況です。

匿名型

次に匿名型についてレクチャーします。こちらの匿名型仮想通貨というのは、個人の情報をオープンソース上で見せたくないということから機密性の強い通貨として作られました。

ブロックチェーンはトランザクションが組み込まれたブロックがチェーン状に連続していて、過去まで取引をさかのぼることができるというのが固有のものです。しかしこちらの匿名型の仮想通貨というのは、そのチェーンが過去にさかのぼってトレースできないようになっており、何処から送金されたのか見当が付かないシステムとなっています。

アプリケーション型、プラットフォーム型

このアプリケーション型は通貨と言うよりプラットフォーム自体を指し示しています。通貨という印象とはちょっと違った印象を受けることもあるでしょう。

オーソドックスなのはイーサリアムになります。イーサリアムはプラットフォームの名前を指し示しており、そのプラットフォームを動かすために使用されるのがイーサというトークンになります。イーサは通貨と言うよりプラットフォームを動かすための燃料とも言われていて、こちらの燃料価格を売買しているイメージだと分かりやすいかもしれません。仮想通貨の世界においては、このイーサリアムのプラットフォームや技術を活用してこれまでなかった通貨が出てきており、現在の仮想通貨ではなくてはならないプラットフォームの1つとも言えます。

ステーブルコイン型

ステーブルコイン型と申しますのは、法定通貨と価格が同じパーセンテージで動くことをターゲットにしている仮想通貨です。

一番初めにご案内した「決済通貨型」のビットコインやビットコインキャッシュなどといった仮想通貨は値動きが大きすぎることにより、通貨の本来の目的である「価値の貯蔵手段」としての機能を果たすことが不可能な状況となっています。通貨というより投機商品としての一面が強いことから決済型ではあるのですが、実質的に決済のために利用されていることはちょっとしかありません。

そういった中、仮想通貨内でも価格が法定通貨と同一程度の動きしかしないような仮想通貨の需要がアップしました。そこで誕生したのがステーブルコインになります。これは現在米ドルと連動するUSDTやTUSD、USDCであるとか、米ドルを裏付け資産として、その分の仮想通貨として発行したものです。米ドルとの大きな相違点は、お金を発行しているのは中央銀行ではなくて、事業会社といったポイントにあるのではないでしょうか。

企業トークン型

これについては企業・プロジェクトが現存するタスクの解決のために発行しているトークンを指し示しています。その中にあっても際立って有名なのはXRPです。XRPは日本でも大評判の通貨であり、現在でも個人の売買では国内のXRPの取引量が多いということで話題を集めるようになりました。

XRPはスピーディーな国際送金を行うユーザビリティーの向上ををターゲットにして普及がスタートしています。国際送金では、相手にお金が届くまでの間に多岐に亘る銀行を経由する必要があり、時間やコストがデメリットとなっています。さらにいうと送金にミスすることすらあります。そういった課題に対し、スピーディーな資金決済スキームを提供するために稼動しているプロジェクトで利用されるトークンがXRPというものになります。