マイニングシティ(BTCV)の特徴やボーナスの仕組みについてまとめました。

マイニングシティ(Mining City)というのは、トレーダーが集まり、ビットコインボルトを採掘するマイナーのネットワークを展開することで、新たな形で誕生したこのシステムを維持し、発展させることを目標として事業展開されています。

リーズナブルな電気

マイニングシティ(Mining City)というのは、全世界で4番⽬に電気代がリーズナブルだと言われているカザフスタンで事業展開されています。
MineBestと電⼒供給の協定を結び、600MWというビッグサイズの電⼒供給量を誇っております。

MineBestとの連携

MineBestと連携を結ぶことを通して、マイニングシティは一際クリーンなエネルギーをキープし、安定感がある電力を手に入れることができます。

厳選されたマイニングマシン

Bit MainとInnosiliconから最もいいマイニングマシンを作動させることができます。

透明化されたマイニング・ファームの経営

マイニングシティはファームを運営する上での合理化を計画し、報酬の2%だけでマネージメントすることができます。
マイニングによってゲットできる報酬はここから下に定めたルールにベースを置いて運用されることになります。

マイニング:63%
マーケティング・プラン:35%
マイニングシティ運営費:2%

マイニングシティの特徴

どんな人でもローリスクでスタートすることができるマイニングシティ

マイニングシティの特徴として、ハードルの低い投資額を上げることができます。

インターネット上での悪い評判や口コミが気掛かりな場合は、一番少額の$300から初めて、まずはトライしてみることをオススメします。

支払いは1番先のプール購入費1回のみで、追加の支払いはありません。マイニングプールの大きさにより、$300、$600、$1,200、$2,400、$4,200、$12,600と6つのプランが確立されています。

元来マイニングに参加するには数億単位の投資を欠かすことが出来ませんが、マイニングシティに於いては$300からマイニングをスタートさせることができ、追加で増資していくこともできます。

紹介することによるボーナスのシステムは?

紹介によるボーナスに関しては、マイニングシティへの参加者が支払うプール購入費の一部から支払われます。

マイニングシティの紹介ボーナスのシステムは、アフェリエイト報酬として認識するとわかりやすいでしょう。インターネット上の評判や口コミで最も投稿が多いのはこの点に関わる話題でしょう。

マイニングシティはMLM(マルチレベルマーケティング)スタイルでマイニングに投資するトレーダーを揃えています。

日本人にとってはMLMに対して既成概念や嫌気がありますが、MLMのシステムそのものは合法です。MLMのイメージが日本人にとって悪いのは、MLMのシステムを不正使用した「マルチ」「ねずみ講」といったワードに対する偏見がさしあたってあります。

こうした正統なビジネスモデルが悪用されていたのは一昔前の話しであり、「マルチ」や「ねずみ講」と言ったものは現在におきましては法律面でもきちんと整えられ、存在できないようになっています。

マイニングシティのケースでは、即座に参加するだけでボーナスがもらえれるわけではなく、活動成績に応じた歩合報酬になります。
あとになって参加した方のプール購入費が、本来いたメンバー全員に分配されるというものでもありません。

別の会社が宣伝広告費や営業費といったところに充当するコストが、紹介費として活動を行ったメンバーに正統な報酬が払われているのです。

マイニングシティのシステムは、賢明にビットコインボルトを増加させる手段

マイニングシティへの投資というのは、ビットコインボルトをその時点での時価で購入して、価格が上がるか下がるかによって利益が決定されるギャンブルみたいなものではありません。

マイニングマシンを資産として所持することで、新規発行されたビットコインが報酬として分配され権利収入のような形でビットコインボルトを貯めていくスタイルになります。

マイニングプールを買った時の元金さえ回収し収益を確定をしてしまえば、それから分配されるビットコインはどんなに当該の価値が下がったとしても、マイナスを出すわけではありません。

また、マイニングによる報酬だけじゃなく、マイニングシティに参加するトレーダーを増やしていくことで獲得できるコミッションやボーナスなどもビットコインボルトで支払われます。

獲得できる報酬の形が1つでないことも、マイニングシティの大きな特徴でしょう。世間に満ち溢れる評判や口コミも役立つことがありますが、まずは自分自身がマイニングシティのシステムを理解するところからスタートしてみた方がいいです。